SHFWEB会員
ログイン
メールアドレス:

パスワード:



パスワード紛失

メインメニュー
オンライン状況
29 人のユーザが現在オンラインです。 (23 人のユーザが ユーザフォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 29

もっと...
     

塗りつぶしパターンの差し替え方法(※非公式)

このトピックの投稿一覧へ

なし 塗りつぶしパターンの差し替え方法(※非公式)

msg# 1.4
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2009-6-16 17:38 | 最終変更
荒木@SHF  管理人   投稿数: 5
塗りつぶしパターンの追加は、現仕様では対応しておりません。

……が、非公式な方法にて、強引にパターンを差し替えることは可能です。

以下に、インストール環境下のみで、画像の塗りパターンを差し替えて表示させる方法を紹介します。(※あくまでも、非公式な方法ですので、サポート対象外であることをご了承ください)

>AR_CADをインストールしたフォルダ(\BASE_ENV\STD_T)の中に、BMPがあるので、置き換える事はできるかもしれません。
→画像を置き換えるフォルダは、AR_CADのバージョンとOSにより、以下の3パターンです。
 1.AR CAD 2010βの場合は、各OS共通で、
  マイドキュメント内のSHF\AR_CAD2010\ARCAD_ENV\STD_T\
 2.AR_CAD Ver.1.xで、OSがXpの場合は、
  C:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\SHF\AR_CAD\ARCAD_ENV\STD_T\
 3.AR_CAD Ver.1.xでOSがVistaの場合は、
  C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\SHF\AR_CAD\ARCAD_ENV\STD_T\

このフォルダ内のファイルと同一名で別画像データに差し替えることにより、そのフォルダ内の画像を差し替えた環境下でのみ、差し替えた画像に塗りつぶしのパターンが置き換わります。

ただし、塗りつぶしパターンを選択する際のコンボボックス内の画像パターンは変わりません。

また、AR_CADのデータ仕様上、AR_CADのデータ内に塗りつぶし画像データ自体は保持せずに、塗りつぶしのパターン番号として保持しておりますので、別の環境下で保存したデータを呼び出しても、同様の置き換えた画像を呼び出し先の環境にコピーしないかぎり、標準パターンの塗りつぶしデータとして表示されますのでご注意ください。

以上の方法で、正式サポートはいたしませんが、塗りパターン画像を差し替えた環境下でのみ、任意の塗りのパターンで表示させることが可能です。

※フォルダ内のファイルを直接変更する際には、必要なファイルを誤って移動・削除してしまわないように、十分にご注意ください。
投票数:12 平均点:5.83
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名   :
投稿本文

投稿ツリー

  条件検索へ


 
     
フォーラム一覧
投稿一覧
pagetop